naotsune’s blog

横浜のとあるおじさんの日記

恐ろしい夢

 恐ろしい夢を見た。まだ小さかった頃の次男、首と胴体が離れている。まだロンパースを着ている胴体をずっとクルマの中に置きっぱなしにしていて、早く取ってきて首とくっつけなきゃと思っているうちに、首のほうの断面に皮が出来てしまった。

 首の方はちゃんと生きていて、首から上だけで生活している。どうやら別の胴体のようなものが生えていたような気もする。

 ずっと置きっぱなしで忘れていた胴体を取ってきて次男に渡す。次男は、あ、これどこにあったの?と尋ねる。首の断面にできた皮を取りのぞいて胴体とくっつければ神経がつながるのでは?と思ったが、わたしはまた面倒くさがって後回しにしてしまう。

 しばらくして戻って次男の様子を見るとすでに胴体は首とくっついていて、次男は立ち上がる練習をしている。リハビリのような感じだ。首の境目を切って皮を剥いでもう一度胴体に付け直せば、もっと神経は繋がりやすくなるだろうと思うのだが、思い直して首切るのはさすがに危ないのではと思い様子を見る。

 くっついた胴体に生えた足はロンパースの頃の可愛らしい足ではなく、年齢相応に長い足にまで延びていたが、骸骨のような骨ばった長い足で、生まれたての子牛のようにふらふらで立ち上がる練習をしている。首のくっついた境目は段になって内側に皮がある。なぜ神経が繋がったのか不思議だ。

 オレンジ色と白色の、横ボーダー柄の可愛いロンパース。私は首の境目をなおしてあげようかというが、次男は私の怠惰に怒ることもせず、これで大丈夫だよと言う。前向きにこれでいいよと言うのだ。私の怠惰せいでそんな体になったにも関わらずだ。

 立ち上がった次男の背中側にまわり、背中や腕や足を触りながら、神経のつながり具合を確認するために触られてる感覚があるか確かめながら尋ねる。
次男は、触られてる感覚が無いようで反応が鈍い、腕は触られていることがわかってうなずいていたが、背中や足はよくわからない風だった。

 夢はここまで。

 夢の中での感情を思い出すと、大事なことを後回しにし、めんどくさいことは気が乗らず後回しにして、でも気にはなっている感じ。

 息子の大事な成長期の体なのに何ヶ月もほったらかしにしてしまい自分の怠慢を優先してしまっている、その結果、次男は、不完全なまま成長してしまったのだという感覚。

 そのうちに皮が出来てしまった、しかも新しい手足まで。でも忘れていた体を渡すと次男は、怒らずに無邪気にこれどこにあったのと喜ぶ。しかもすぐに体とくっつき、親の力を越えた自立した能力を見せる。

 くっつきかけた首をもう一度切ってくっつけ直そうとするとき、何でも自己流で修理をしようとして大体上手く行かずに失敗するときの情けない感情が起こるのをかんじる。そして、さすがに今回は息子の命に関わることにおののいて諦める。

以上

200mクロール

 来週の200m個人メドレーの検定に向けて、とにかくスタミナを維持できるようになることを目標に練習を始めた。昨日は、200mクロールを4分サークルで6本。何度も心が折れそうになった。200mはやはりしんどい。すべて3分20~25秒だった。しかし、クロールでこのタイムでは個人メドレーの3分40秒はやはり厳しいといわざるを得ない。そのあとメドレー順に50mを2本ずつ。単発で泳いでもバックとブレは50mで1分近くかかってしまう。バッタで45秒、バック1分、ブレ1分5秒、フリー50秒でちょうど3分40秒だ。最初からバッタで飛ばすしかない。あと、ターンで損してはいけない。きれいに壁を蹴って稼がないと。最後のフリーも口から心臓が飛び出すくらいまで出し切らないと間に合わないだろう。

泳力検定に申し込んだ

 コロナウイルスの影響で公営プールが軒並み閉鎖になる中、数少ない開放施設情報を教室仲間からもらい、少し離れたその開放しているスポーツ施設のプールに嬉々として通い始めた。その施設では来週に泳力検定なるイベントがあるらしく、これを見かけたのも運命かと思い、ほぼ衝動的に申し込んでしまった。申し込んだのは1級、200m個人メドレー。合格基準は3分40秒。

 200m個人メドレーは苦手で、ベストタイムが3分44秒。本番ならではの糞力で頑張れば行けそうな気がして申し込んだのだが、練習してみたところ、何度やってもギリギリ4分を切れる程度。はっきり言って激しく後悔した。

 

酒を飲んだ次の日は

 普段は糖質オフの缶ビールをせいぜい2・3本飲む程度だが、昨日は量が違いすぎたかもしれない。のん兵衛ばかりのバンド仲間と今更ながらの新年会。瓶ビールをひっきりなしに追加してどれほど飲んだのか。まっすぐ電車に乗って帰れたので泥酔ではなかったが、次の日がダメすぎた。

 

 酒を抜くつもりでレッスンに来たが泳ぐほどに息が上がりパワーが入らなくなる。これはかなり久々の感覚。びっくりするくらい全くダメだった。筋力自体は落ちてないらしくタイムはそれなりにでるが息が異常なほど上がりパワーがでないのだ。これは間違いなくビールのせいだ・・・。小麦アレルギーなのだろうか。いや、パン食ってるしなあ。とはいえ100m測定で1分19秒。そのあと顔面蒼白になり呼吸数が下がらない。そのあと50m35秒。タイム自体は普段どおりだが疲れ方が尋常ではない。この日は泳ぎこみメニューではなかったのでなんとか終えられたが、木曜の練習までに体調を整えなければならない。

初めての4個メ

 1個メ、2個メなどと息子に言ってもどうやら通じていない。なにが2個目なのかという。スイミングに通っているくせに水泳に興味が薄いのだ。

 それはさておき、昨日の木曜日クラスでは生まれて初めて400m個人メドレーを泳いだ。とにかくバテて息が上がるのが怖かったのでゆっくりゆっくり。バタフライはふんわりふんわりと、フライどころか天ぷら。バタ天。背泳ぎのターンもめちゃくちゃでバサロもなし。フリーもクイックターンする余裕すらなかったがなんとか泳ぎ切り8分3秒とのこと。先頭を泳いだ先輩には最後フリーに切り替わるとこで抜かれてしまった。タイムは7分数秒だったのことなので差がちょうど1分、こちらの100mフリーのタイムと先輩のラスト50mの差が1分だったということだろう。察するにあちらが50m45秒、私が100m1分45秒くらいだったのだろう。あ、いや先輩は10秒先にスタートしてるので・・。なんだ、あちらが50m40秒でこちらが100m1分50秒とかかな?最後のフリーくらいもうちょっと飛ばせばよかったかしら。しかしタイムよりも何よりも完泳したことがすばらしくうれしい。そのあと2分休んで200m個人メドレーを2本、5分サークルで。2本とも3分44秒だった。くったくたの中でそのタイムなのでわれながら大きく成長したようだ。とてもきつい鬼メニューであったがあえて課してくれたコーチに感謝したい。

感情を共有すること

母親に面会に行くたびに、好きだったカスタードクリームのお菓子を持っていく。

 ほぼシュークリームであるのだが、一口食べるごとに食べたことを忘れるような状態なので、何度も繰り返すことができるように、10個入りプチシュークリームを持っていく。

 

口に運ぶたびにおいしいなあと言う。さっき食べたことも忘れているのだろう、そのたびにおいしいでしょと返事をする。何度か繰り返すたびに、どうやら同意を得たいのだということに気づく。おいしいねえと返事をするようにした。

最もきつかったメニュー(水泳)

ここ数か月は週3での練習クラスに通っている。それぞれ別のクラスである。

その中でも木曜日のクラスはキツい。

キツいながらも頑張って行くものだからやる気があるものだと思われているのだろうが頑張れ頑張れと励まされ、ついていけないのに毎週のようにメニューがきつくなるという悪循環。

 

その中でも全くついていけなかったメニュー

プルブイ挟んで100m。プルブイ挟むこと自体は問題ない。100mを1分45秒サークル。この時点でほぼ限界超え。さらにもっとも問題なのは、呼吸制限。25m毎に3->5->7->9hypo

まったく無理であった。

 

息が短いのは管楽器をやっていたころから自覚していて、ジョギングやったりしたものだが。本当に短い。健康診断でも4900くらいが最高記録。

最近、思ったのは、最後の一押し吐き切ると少し長く持つかも、ということ。息継ぎをする直前に腹に力入れて吐き切る、これだけで500㏄くらいは出てる感じがするが、すこし長持ちするようになったような気もしないではない。